脱毛といえば定番の場所だと

脱毛をするのに定番の場所といえば、美容皮膚科などのクリニックと脱毛サロンということになります。両者の違いは方法、効果、料金、施術回数などさまざまなものがあり、一長一短ともいえるので、自分の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。 クリニックで行っているのは、医療レーザー脱毛です。これは、医療用のレーザー機器を使って黒い色によく反応する光を肌に照射し、その光が毛根の黒いメラニンに吸収されるという性質を利用したものです。吸収された光はそこで熱エネルギーに変換され、毛を炭化し、毛乳頭にダメージを与えて新たに毛が生えてこないようにします。 永久脱毛効果が非常に高く、面倒な自己処理から解放されるというメリットがありますが、反面痛みがある、費用が高い、といったデメリットもあります。ただし効果が高い分施術回数は少なくて済みますし、万が一トラブルが起きたときにも病院なのですぐに手当てをしてもらえるという安心感もあります。痛みに関しては、最近では痛みの少ない機種も登場しているので、導入しているクリニックを探してみると良いでしょう。 サロンで行っているのはフラッシュ脱毛と呼ばれるものです。原理的には医療脱毛と似たようなものですが、出力が低いため効果は弱く、抑毛といったほうが良いものです。ただしそのぶん痛みは少なく、また圧倒的に費用が安いことから大変人気となっており、現在脱毛の定番といえば、どちらかというとサロンに軍配が上がると言えるでしょう。特にVIOなどのデリケートな部分の施術は、サロンで受ける人が多くなっています。 サロンのもう一つの強みは、美肌効果のあるところです。照射の際に塗るジェルに美容成分が配合されていたり、施術後にトリートメントを行うなどして、脱毛しながら美肌になれるという付加価値をつけています。また、医療機関でないためトラブルが起きた際の心配がありますが、皮膚科医と提携してその部分のフォローを万全にしているところもあります。